交通事故に遭ったら?

後遺障害認定

事故発生から申請までの流れ

①事故の発生

ケガをしている場合,警察への事故報告が必ず「人身事故」として処理されているかを確認してください。

事故直後はケガがないと思っていても,後から症状が現れる場合があり、ひいては後遺障害として残ってしまう可能性もあります。

警察への届け出が「物件事故」扱いとなっている場合は,医師の診断書をもって警察へ行き,「人身事故」に切り替えてもらうべきです。

切り替えの手続は,早いほうがよいです(一般的に,警察は物損から人損への切り替えは,事故から時間が経過していると嫌がる傾向にあります)

物件事故のままですと,治療費などが保険会社から支払われない可能性もあります。ご自身の事故が,どのような扱いとなっているかを

「交通事故証明書」で確認しておきましょう。

 

②治療中(通院・入院)

治療中は主治医に自分の症状をしっかりと伝え,必要な検査も行い,その証拠を残しておきましょう。

 

後遺障害の等級認定は,単純に症状固定時の状態が判断材料となるのではありません。

事故直後の医師の診断や症状,その後の治療経過などの資料も重要な判断材料となります。

治療後を見据えた対応が必要なことから,後遺障害の等級認定は「治療中から始まっている」と言っても過言ではありません。

 

外科や整形外科などの病院にきちんと通院しましょう。

後遺障害の等級認定においては,十分な治療が行われたにもかかわらず,

症状が残ってしまったことを医師が作成した書面で説明しなければなりません。

そのため,整骨院や接骨院に通院して治療を受ける場合でも,先々のことを考え,

定期的に整形外科など医師の診察を受けるのがよいでしょう。

 

外科や整形外科などの病院にきちんと通院しましょう。

後遺障害の等級認定においては,十分な治療が行われたにもかかわらず,

症状が残ってしまったことを医師が作成した書面で説明しなければなりません。

そのため,整骨院や接骨院に通院して治療を受ける場合でも,先々のことを考え,

定期的に外科などの病院でも医師の診察を受けるのがよいでしょう。

 

③症状固定

症状固定の時期は,主治医に慎重に判断してもらいましょう。

また,保険会社からの治療費打ち切りの要請は慎重に対応しましょう。

 

治療によって完治すれば,それがもっとも望ましいのですが,

あるときを境にいくら治療を続けても痛みがそれほど変わらないなど,

大した効果が感じられなくなってしまうことがあります。

このような状態を「症状固定」と呼びます。

そして,残った症状については後遺障害と考え,等級認定を受けて,

加害者側へ別途請求することになります。

症状固定になると,それ以降にかかった治療費や通院交通費などは請求できなくなります。

多くの場合,6か月程度で症状固定や治療費などの打ち切りが要請されます。

 

しかし,まだ治療効果のあるうちは無理に症状固定とする必要はありません。

症状固定の時期は,主治医が医学的に判断するものです。

主治医とよく相談して,慎重に判断してもらいましょう。

 

④後遺障害診断書の作成

記載漏れや不備がない診断書を作成してもらわなければなりません。

■後遺障害の等級認定は,主治医に作成してもらう「後遺障害診断書」を主な判断材料としています。

 そのため,この書類にすべての症状が具体的に記載されているか否かが非常に重要です。

 記載漏れがあったり,曖昧な表現で記載されていたために,不本意な後遺障害の 

 認定結果がなされてしまうことも少なくありません。

 

■後遺障害の等級認定に必要となる検査を受けましょう。

 ケガの治療に必要な検査と後遺障害の等級認定に必要な検査は異なります。

 後遺障害の等級認定には,専用の検査が必要なのです。

 また,残存している症状が後遺障害診断書に記載されていたとしても,

 後遺障害の等級認定のために必要な検査資料が添付されていなければ,

 後遺障害を認定してもらうことは非常に難しいでしょう。

 

⑤後遺障害の等級認定申請

■「後遺症」と「後遺障害」は異なります。

 

症状固定後に残ってしまった症状や痛みを一般的に「後遺症」と呼びますが,

後遺症について損害賠償を請求するためには,後遺障害の等級認定を受ける必要があります。

等級認定がなされない後遺症については,原則的に慰謝料などの請求ができません。

 

■等級認定の手続には「事前認定」と「被害者請求」があります。

 後遺障害の等級認定の申請方法としては,加害者の保険会社に任せて手続を進めてもらう「事前認定」と,

被害者側が直接,自賠責に請求を行う「被害者請求」があります。

 

「事前認定」は,保険会社を通じて行いますので,

被害者の方にとって手間がかからないというメリットがあります。

しかし,提出する資料を被害者側がチェックすることはできません。

保険会社にとっては,等級が上がればその分だけ支払う賠償金が増えてしまいますので,

より高い等級の認定を受けることに協力的ではありません。場合によっては,

本来あるべき等級よりも不当に低い認定となってしまうおそれもあります。

 

「被害者請求」は,被害者の方が資料を収集・提出するなどの負担もありますが,

提出する資料を被害者自身がチェックできるなどのメリットがあります。

行政書士に依頼した場合には、行政書士が被害者請求を代行しますので

後遺障害の認定が適切になされるような資料や書類を揃えて,申請を行います。

1