交通事故に遭った際にとる行動

交通事故は滅多に遭うものではなく、当事者になってしまった時にはパニックに陥ってしまう方が多いことでしょう。
交通事故に遭わないよう気をつけるのはもちろんですが、遭遇してしまった場合の行動にも気をつけましょう。交通事故トラブルに巻き込まれてしまった時のために、どのような行動をとればよいのかをご紹介します。「知っておく」ということは、危機的状況に直面した際に「知らなかった」場合と大きな違いが出るでしょう。

即座に確認

交通事故トラブルには、当て逃げやひき逃げもあります。ぶつけられたショックが大きいと思いますが、即座に相手の車やバイクのナンバープレート、車やバイクの色・特徴を確認しましょう。もし逃げられてしまった場合は、すぐにメモするか携帯電話などでボイスメモをとっておきましょう。

警察への電話と相手の確認

被害に遭った場合でも、電話することが可能であればすぐに警察へ連絡します。そして、相手の名前や連絡先、住所、車のナンバー、車種、相手の加入している保険会社や保険の種類(自賠責保険・任意保険)を確認しましょう。
警察が来るまでに事故が起きた現場の写真や車の写真、自分の怪我の状態などを写真や動画に残しておくことも証拠を残す方法としておすすめです。ただ、車道は危険なので車がある場合は路肩などに移動させ、身の安全を確保できる場所に行きましょう。

保険会社へ連絡

交通事故が起きたことを、自分が加入している保険会社の事故受付センターへ連絡します。受付センターでは今後の流れや必要なことを教えてくれるので、それに従い行動しましょう。

病院での検査

交通事故に遭った際は、必ず病院で検査を受けましょう。事故直後は気が動転しているためどこも痛くないと感じたり、面倒なことにしたくないと思ったりして病院へ行かず、後日痛みが出てきたということもあります。
高次脳機能障害などの後遺障害が出てしまうと仕事ができなくなってしまったり、通常の生活にも支障が出たりする可能性があります。人生が大きく変わってしまうことになりますので、すぐに病院の診察を受けましょう。診断書や治療費の領収書はしっかり保管します。

救急搬送された場合

大きな怪我をして事故後すぐに救急搬送された場合は、相手の連絡先などがわからず不安かと思いますが、「事故証明書」を警察から発行してもらえば、相手の氏名や住所などを知ることができます。通常は相手からすぐに連絡がくるでしょう。

交通事故で高次脳機能障害などの後遺障害が出てしまった場合に十分な補償を受けるには、後遺症認定や等級認定が必要になります。東京で後遺症認定に強い行政書士への依頼をお考えなら、当事務所をご利用ください。お客様のお役に立てるよう尽力致します。