後遺障害で問題になるむち打ち

交通事故で多く見られる症状のむち打ちですが、むち打ちであることを証明するのは難しく、「むち打ち程度」と軽く見られるなど、本人が受けている辛さとは反して後遺障害として認められないケースも多々あります。

むち打ちによる様々な症状

むち打ちは、首などの痛みだけでなく様々な症状を引き起こします。その症状は、生活や仕事に支障をきたしてしまう症状ばかりです。

  • 肩や背中のコリや痛み
  • 頭痛
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 吐き気

むち打ちは証明が難しい

むち打ちなど、いわゆる頚椎捻挫、腰椎捻挫と言われるものは、MRI等でも事故による器質的損傷を確認できないケースがほとんどです。
自賠責における後遺障害認定では画像所見というものが重要ではありますが、むち打ち等の場合は必ずしも事故による器質的損傷がなければならないというわけではありません。従ってその他の判断基準に当てはまるものを丁寧に立証することにより、むち打ち等でも認定を受けられる可能性は十分ありますので、医師より画像で異常がないと診断されたとしても諦めるのはまだ早いと考えます。

納得のいく申請をする

もちろんむち打ちの場合であっても、必ずしも認定が受けられるということではありません。当事務所では当然認定を目標としたサポートを行っておりますが、その前提として「納得のいく申請をする」ということを重要視しております。被害者請求のメリットとして、申請内容を把握したうえで自賠責へ直接提出するというものがありますが、被害者本人の状況、自賠責の基準等に基づき万全な状態で申請に及ぶことが、ご依頼者様の納得及び後遺障害認定に繋がると考えております。

認定を受けるためにも行政書士をご検討ください

このように後遺障害の申請は被害者一人一人内容は異なりますので、専門的視点から申請内容を検討する必要があります。またその他にも、被害者本人の精神的、肉体的負担は大きいと考えます。それらを少しでも軽減するということからも、専門家への依頼をご検討頂く価値は十分にあると考えます。

交通事故によるむち打ちの後遺障害にお悩みの方は、東京都港区にあります当事務所にご相談ください。
交通事故による後遺症認定申請についての知識を多く持つ行政書士が、認定されることが難しいとされるむち打ちでもしっかり認定が行われるようサポート致します。むち打ちだけでなく高次脳機能障害などの認定についても同様、自賠責保険の後遺障害等級認定申請を豊富な知識とノウハウを持って行います。
港区をはじめ関東全域を対象として、メールやお電話での無料相談も行っておりますので、是非ご活用ください。今ある不安を取り除き、安心して暮らせるようにしましょう。