後遺症と後遺障害の違いとは

後遺症と後遺障害は似たような言葉に思えますが、実際には全く異なるものです。そのため、後遺症があるからと言って、「後遺障害認定(後遺症認定)」が受けられるとは言えません。以下にて、後遺症と後遺障害の具体的な違いについてご紹介致します。

後遺症

後遺症とは、事故直後から一定期間の治療に励んだにも関わらず、今後治療しても改善が見込めない状態のことです。例えば、交通事故に遭ってしまい、治療後に痛みや痺れなどの症状が残っている状態であれば、この時点で後遺症となります。保険会社は「後遺症」というだけでは一切の補償をしないため、適切な補償を受けるためには「後遺障害」と認定してもらう必要があります。

後遺障害

後遺障害とは、後遺症の中でも後遺障害等級に該当する症状のことです。後遺障害等級に該当して、はじめて逸失利益などの補償を受けることができます。後遺障害等級に該当するためには、「後遺症により労働能力が喪失している」と認定される必要があります。そのため、たとえ後遺症があっても、後遺障害と認定されなければ補償は受けられません。

なお、交通事故後の代表的な症状である「ムチウチ」も後遺障害として認められた例がありますが、後遺障害と認定されることは決して容易とは言えません。適切な補償を受けるためにも、是非行政書士へご相談ください。

後遺障害等級認定が容易ではない理由

後遺障害等級認定が容易ではない理由は、立証が難しいためです。例えば、交通事故の代表的な症状としてムチウチがありますが、ムチウチは痛みや痺れが残っていても、レントゲンなどに異常が見られないことが多いため、立証が難しくなります。

適正な等級認定を受けるためには、交通事故被害者様自身が、基準・要件に沿ったポイントをおさえ、過不足のない証拠を用意しなければなりません。これを円滑にするためにも、専門家へご相談頂くことをおすすめします。

港区にある当事務所では、交通事故や自賠責保険の後遺障害等級認定(後遺症認定)に関するご相談を承っております。お電話、メールにて無料相談が可能ですので、交通事故の損害賠償に関することであれば、何でもご相談ください。